プジョー長崎
 

スタッフブログ

前へRelated次へRelated
給油ランプ点灯時の残量は。。。
[2010/01/18]
Club Peugeot Nagasaki 事務局.jpg
IMG_6842.JPG
給油ランプが点灯!

これは、皆さんご存じの通り、燃料の残量が少なくなってきたら点灯します。

このランプが点灯してから、「シマッタ!高速道路にのる前に燃料を入れるのを忘れた!」なんて気付いて慌てたというご経験はないでしょうか?

「でも、まだ大丈夫だろう。。。?」そんな風に考える方も多いのではないでしょうか?

そこで、まだいけると思って、「もう少し!」なんて思いながら走っていると。。。あえなくガス欠。。。(泣)

そして、ロードサービスを呼ぶはめになってしまった!なんてそんな経験がある方はいませんか?
 
IMG_6715.JPG
それでは、この警告灯がついたら一体、どれくらい走れるのでしょうか?

ここで、どれくらい走れるかを考えるときには、ランプが点灯した時に燃料がどれくらい入っているか?が問題となります。

JAFのテスト資料によれば、警告ランプが点灯した時の一般的な普通乗用車においては、約8ℓ~約11ℓぐらいであるとの記述がありました。ということは、どれくらい走れるかを考えてみると、約50kmぐらいだ考えて頂いた方がよいかと思います。

まあ、クルマの燃費もしくは走行状態、運転のやり方、道路事情(渋滞)、上り坂など様々なその時と場合により条件がありますので、絶対大丈夫だとかはもちろん言えませんが。。。

ですから、高速道路のサービスエリアでは、これを参考に計算して大体50km間隔でガソリンスタンドが併設されていると言われているんですね。
 
207
ここで、ご注意!

よく、国産車などではガソリンの空を示すE(Empty)というマークの線の下まで針が振れるようになっている車が殆どです。その為、警告ランプよりもE線を目安に給油されている方も多いのではないでしょうか?

その為か、プジョー車でガス欠を起こして止まってしまったという方がいらっしゃいます。


そんな時の皆様の声は、「まだ、E線でしょ!燃料入ってますよ!」なんてよく言われます。


どうでしょうか?普通に考えてみてください。燃料は、FULLが満タン、EMPTYが空の意味になりますよね。当然なんですが、E線(0)の下に余力があるメーターの方が、よくよく考えるとちょっとおかしいということになりませんか?EMPTYや0の線の意味が違ってるような。。。

*ちなみに展示している207の燃料ゲージが上の写真。どれくらい燃料が入っている状態だと思いますか?実際、ガソリンは1~2ℓぐらいしか入っていない状態なのです。ね!しっかり0を指しているでしょ!
 
マルチファンクションディスプレー207
ですので、プジョーのガソリンメーターはE線(0表示もあり)はもちろんEMPTY!すなわち空を指します。E線(0)の下は、殆ど燃料の残量はありません。また、最近のプジョー車では、マルチファンクションディスプレーにも『 Fuel level too low 』と表示されます。くれぐれもご注意くださいませ。。。。。

まあ、日本車のEの下があるのは、日本人の性格を考慮した日本車メーカーの配慮なのかもしれませんね。E線からは5ℓはある!という話も。。。

しかしながら、プジョーのメーターでは、ランプが点灯したらすぐに燃料を入れるようにお願い致します。

まあ、燃料の残量に対して神経を削って運転するより、ランプが点灯する前に給油を心掛けて余裕を持って運転して頂きたいと思うのです。。。