プジョー長崎
 

スタッフブログ

前へRelated次へRelated
桜をなぜ日本人は好きなんでしょうか?
[2010/03/26]
Club Peugeot Nagasaki 事務局.jpg
桜.JPG
桜。日本を代表する花ですよね。

春になると桜のつぼみが!とか、桜の花が咲いた!とか、色々とニュースになったりもします。

また、桜の花が満開になってくると「花見」と称して桜の木の下で宴を開いたりしています。私の新入社員の頃は、新入社員恒例の場所取り(今でもあっているのでしょうか?)が初仕事!なんて会社もあったような。。。(笑)


その桜。なぜ?日本人は大好きなのでしょうか?
 
大村公園
桜を日本人が好きになったのは、四季がはっきりとしている日本では、古代の稲作が始まった頃ではないかと言われているようです。

これは、「種モミを巻く時期を知るのに桜が使われた」というものです。早すぎれば霜にやられ、遅すぎれば成育させる時期が無くなってしまうという理由が。。。そこで桜の花が咲くころに種モミをすると丁度よかったそうなんです。

それが、桜は田んぼの神様として祀られるようになり、豊作祈願の対象となったそうです。その一説によれば、古代社会で桜の「さ」は神様の意味であり、「くら」は神様の座る場所の意味を指しているという話もありました。
 
橘神社 1
平安時代になるとその桜の美しさを貴族たちが楽しむようになり、弘仁3年(812年)に嵯峨天皇が初めて花見の宴を開いたそうで、そこで文人たちに歌を作らせたという話がありました。

室町時代までは貴族を中心とした花見という行事だったのが、江戸時代になってくると三代将軍である徳川家光が上野の山に桜を大量に植えたことにより、庶民の間でも花見が盛んにおこなわれるようになったとか。。。

そんな歴史を踏まえ、現在に至る!って感じなんでしょうか。

ちなみに、外国ではどうか?というと、あまり好まれる花ではないようで、花びらが散ってしまうのが縁起が悪い!なんて考え方もあるようです。

なにはともあれ、桜の花びらが舞い落ちるこの時期は日本人の心を古代から大きく掴んでいるものであることは変わりないと思います。