プジョー長崎
 

スタッフブログ

前へRelated次へRelated
2009 Peugeot Sport レース計画
[2009/02/16]
Club Peugeot Nagasaki 事務局.jpg
908_04_1680x1050.jpg
車業界を直撃している現在の世界情勢で、少なからずとも各自動車メーカーのモータースポーツからの撤退という暗い話題が続いています。

そんな中、2009年のプジョーのモータースポーツへの参戦はどうなっていくのでしょうか?

今回は、2月9日にプジョー・スポーツが発表した2009年の活動計画をご紹介してみようと思います。
 
908 HDi FAP.gif
◎ プジョー・スポーツは、2月9日にPeugeot 908 HDi FAP のレース計画とそのドライバー達を発表しました。

厳しい現在の経済情勢の中、プジョーは過去2年間、ル・マン シリーズ(LMS)に圧倒的な強さでフル参戦してきました。しかし、今年2009年は残念ながらスポット参戦へとなるそうです。昨年3台のエントリーをし、結果的に悲運に泣かされた昨年の借りを返すべきステージ「ル・マン 24時間」への参戦については、2台の参戦と縮小されるものの継続を表明しています。

その他の今年の予定としては。。。
・3月セブリング12時間レース(908 2台)
・5月LMSスパ・フランコルシャン1000km(908 3台)
・6月ル・マン24時間(908 2台)

上記3レース以降の908 HDi FAPによるLMSは未定となっています。

ドライバーについては。。。

・セバスチャン・ボーデ(復帰)
・デビッド・ブラバム(新加入)

となり、入れ替わって去ったのは、ジャック・ビルヌーブとリカルド・ゾンタとなっています。



☆ 3月セブリング12時間 車両およびドライバー

●7号車 908 HDi FAP
ニコラ・ミナシアン/ペドロ・ラミー/クリスチャン・クリエン

●8号車 908 HDi FAP
フランク・モンタニー/ステファン・サラゼン/セバスチャン・ボーデ

ルマンでは、上記のドライバーにデビッド・ブラバムとアレキサンダー・ブルツが加わります。
 
Peugeot 908.jpg
今年の908HDi FAPは、ACOのレギュレーションに伴い、エアリストラクターの縮小(約10%のパワーダウン)、リアウイング(2メートルから1.6メートルへと短縮)しています。

その為、プジョー・スポーツは、トラクションコントロールの最適化やラジエター配置(整備性の向上)、サスペンションを見直しています。また、コクピット内の温度規定をクリアするためエアコンディショナーの開発も続けられており、ルーフ部分はアルミニュウムフィルムでカバーするという変更を行っています。


何はともあれ、今年も908 HDi FAP の雄姿が見られることに感謝ですね。正直、ホットしました(笑)。

今年こそ、不運に泣かされた昨年のリベンジだ!908HDi FAP!1-2フィニッシュ!を期待しています。





↓ 昨年のルマンビデオをお楽しみください。