プジョー長崎
 

スタッフブログ

前へRelated次へRelated
長崎市:コミュニティーバス『らんらん』
[2011/01/21]
Club Peugeot Nagasaki 事務局.jpg
コミュニティーバス らんらん
長崎市コミュニティーバス『らんらん』というのをご存じでしょうか?

「あのバスは何なの?」とか、「観光客用のバスでは?」なんて思っている方もいらっしゃると思います。

この「らんらん」というバスは、長崎市が11年前に日蘭交流400年の記念事業として長崎バスに委託して運行を始めています。ルートとしては、南山手グラバー園下から右回りと左回りで長崎市内を巡回しています。(合計4台)

(右関連リンクよりルートマップでご覧ください。)

運賃は、通常のバスを利用するよりお得な金額が設定されており、大人120円・子供60円となっています。また、1日乗車券(車内販売、新地長崎バスターミナル内総合サービスセンターで販売) 大人300円、子供150円も販売されています。平日は、10:00~18:50までの24便、土日祝日は9:30~18:55までの30便が運航されています。




そんな長崎市コミュニティーバスが今年度末をめどに廃止されるとのニュースが飛び込んできました。

らんらんの利用者は5年前のさるく博が開かれた年の23万人をピークに利用者が減少。その為に、昨年、4月1日から龍馬ブームを当て込んでルートを拡大したそうです。しかし、逆にその為に待ち時間が長くなるという理由もあり、1日の平均利用者が前年より200人以上も減少してしまったそうです。また、赤字も2億4千万~3億とも言われ、今後、収支の改善も見込めない為、今年の3月いっぱいで廃線とする手続きを進めているとのこと。現在使われている4台のバスは長崎市が今後の活用法を検討しているとのことです。

なにか廃線としると、ちょっと淋しくなってくるようなニュースでございました。廃線の前に、1回乗ってみたいと思います。観光客気分で、長崎市内の観光をしてみてると新しい発見があるかもしれませんね。