プジョー長崎
 

スタッフブログ

前へRelated次へRelated
釣り「餌取りに対して思うこと」
[2009/12/29]
Club Peugeot Nagasaki 事務局.jpg
釣り人.jpg
釣りをしていてこんな事を思ったことがありませんでしょうか?

海面には小魚の大群。その中で、1匹魚を釣りあげても、他の魚は何事もなかったようにその場にまだいます。そう!仲間がもがき苦しむ姿をみても。。

「普通、ヤバイ!と思って逃げるだろぅ~!お前らぁ~!ブァカかぁ~?」って思いませんか?

まあ、そんなお魚達なので釣りというものを楽しめるのですが。。。

まあ、今日はこんな話題でスタートです。。。(笑)
 
防波堤.jpg
もし、小魚の替わりに人間だったらどうでしょうか。誰か一人いなくなる時にそんな状況だったらみんな逃げてしまいますよね。それも、パニックになって我先に!って感じですよね。

しかし、集団で移動しているお魚ちゃん達はそんな仲間がいても知らんぷり?って感じじゃないでしょうかねぇ~。まあ、表情がないお魚では、焦った顔しているのかどうか確認することができませんが。。。(笑)

そんなお魚ちゃん達は、恐らく?!「自分が釣られたら命を落とす!」ということを認識する能力が無いのでしょうねぇ。もし、あるならば、釣りで言う「一級ポイント」なんて存在しえないでしょうから。。(笑) それこそ、お魚ちゃんたちにとっては、「自殺の名所!」ってことになってしまいますからねぇ~(爆)

まあ、そんなポイントでは驚いて一瞬身を隠していても、1~2分ぐらいすると何事もなかたように戻ってきてしまいます。お魚の小さな脳では、記憶力が無いわけでもないけれど状況に応じた的確な判断というものが出来ないんですねぇ~。小さい魚になればなるほど!と感じます。まあ、本命の大きなヤツはそれなりに学習しているので、そう簡単には行きませんが。。。

特に、餌取りといわれるお魚ちゃん達をみていると、「ムカッとするぐらい帰ってくるのが早い」と思う今日この頃です。ちぃたぁ~遠慮しろよ!なんてね。


???で、そのお陰で、オイラの針には本命が掛ってくれません。

今日は、魚釣りの愚痴でした。。。(笑)