プジョー長崎
 

スタッフブログ

前へRelated次へRelated
はらぺこ日記 【 オロン 】
[2009/04/04]
Club Peugeot Nagasaki 事務局.jpg
オロン イラスト.jpg

おいしいパンってどんなパンですか?

おいしいパンに終点はありません。
(Il n'y a pas de point final au goût.)

おいしいパンは追求するのではなく、創作するものです。
(Le goût n'est pas à rechercher mais à créer.)



オーナーと607そんな言葉をフランス人のマスターの下で修業したときに特に肝に銘じ、大切にしているオロンのオーナー。

1969年 東京・銀座マキシム・ド・パリで修業し、1978年4月1日 修行時代の恩師オロン・グラフ氏の名を頂き、フレッシュ・ベーカリー・オロンを現在の長崎市茂木町に開店しています。



ここのパンは有名ですから、長崎市にお住まいの皆さんはご存じの方も多いと思います。


プジョーオーナーでもある「Craft Bakery AULONG」さんを今回はご紹介です。しかし、パン屋さんとプジョー。たいへん似合うと思いませんか?



オロンクラフトベーカリー・オロン

〒851-0241
長崎県長崎市茂木町2147-21
Tel:(095)836-2672
OPEN:AM6:30
定休日:毎週火曜日

周辺地図はここをクリック
 
オロン 015.jpg
◎ クラフトベーカリー・オロン

長崎の茂木に生まれたオーナーが、1969年から東京・銀座マキシム ド パリで修行をされ、1978年4月1日にこのお店をオープンしました。このオロンという名前は、修業時代の恩師であるオロン・グラフ氏の名前を頂いてつけられたそうです。昨年10月2日に改装OPENし、オーナーを含め7名のスタッフで営業しています。

長崎市内の有名一流ホテルや病院などにもパンを届けていることでも有名です。

このお店に入ると、とにかく元気なオーナーの声が響いてきます。

「いらっしゃいませぇ~~!、ありがとうございましたぁ~!」

そんな、明るく楽しいオーナーの作る本場のパン。一度食べると癖になりそうですね。
 
ドイツ パン.jpg

ところで、このオロンさんの一押しは?と尋ねてみました。

オーナー自らランド・ブロード(笑)すると、「ランド・ブロード」だそうです。

ライ麦を60%使用したドイツパンだとか。。。
キャラウェイシードという香辛料を使い、ライ麦の香ばしい香りとマッチングして、もっちりとした食感。ミネラル分がギュッと詰まったパンになっています。チーズやトマトなどと一緒に食べると一層おいしくおいしく食べられます。腹持ちが良いのも特徴で、ダイエット目的で食べている人もいるとか。。。これは、食べてみる価値が大ありですね。
 
パネトーネ(ぶどうパン)
オーナー自らランド・ブロード(笑)
その中でも特に私どもスタッフに大人気なのが、ボリュームたっぷりのサンドウィッチ等の調理パン!

パンからこぼれ落ちそうなぐらい「ギュッ」っと具材が入っています。一つ300円ほどでこのボリュームたっぷりのこのパンは、一つ食べるだけで、お腹一杯になるぐらい、非常にリーズナブル!。ホント!私らには嬉しい限りです。
 
オロン 店内
その他にも色々なパンが店内に所狭しとならんでいます。

おもわず!あれも食べたい!これも食べたい!なんで、欲がでてしまいますね。


オーナー自らお出迎え?(笑)長崎の茂木に行ったら、ぜひ立ち寄ってみてください。

そこには、明るくて気さくなオーナーと元気な声!そしてなにより、最高のパンが皆さんをお出迎えしてくれることでしょう。
 
オロン 006.jpg
*最後になりましたが、オロンのオーナー!

当ブログの取材にご協力頂き誠にありがとうございました。また、いろいろご無理な写真をお願いしましたが、快くお引受け頂き本当に感謝いたします。