プジョー長崎
 

スタッフブログ

前へRelated次へRelated
ショックアブソーバー
[2009/06/19]
Club Peugeot Nagasaki 事務局.jpg
SHOCK ABSORBERS.jpg
PEUGEOT'S ADVICE


 【SHOCK ABSORBERS 】 

「ショックアブソーバー」って何ですか?
「ショックアブソーバー」って何をするものですか?
「ショックアブソーバー」が古くなると、どんな症状が現れますか?

これらの質問に正確に答えられる人は恐らく非常に少ないのではないでしょうか?

しかしショックアブソーバーは安全性の面で大きな役割を果たしている部品です。知っておいて頂きたいことは、ショックアブソーバーはサスペンションを構成している部品の一つであるということです。サスペンションとは、車輪とボディの間を連結する、弾力性に富んだ部品のすべてを指します。サスペンションは路面の凹凸などによって生じる衝撃や揺れからボディや車両構成部品を守っています。
 
◎ ショックアブソーバーに不具合が起こると4つの機能に大きく影響が生じます。

制動
制動

ショックアブソーバーに不具合があると、停止距離が長くなります。

特に凸凹の多い道路では顕著です。



制動
接地性(ロードボールディング)

ショックアブソーバーに不具合があると運転操作に対する車の応答が鈍くなり、ボディがサスペンションの上に「座った」状態になります。



タイヤの摩耗
タイヤの摩耗

ショックアブソーバーに不具合が生じるとタイヤに無理な力がかかり、正常な動きができなくなります。
グリップが低下し、摩耗が激しくなります。


タイヤの摩耗
乗り心地

ショックアブソーバーが機能しないとブレーキ時にガクンと沈み、加速すると跳ね上がり、千回すると横揺れが生じます。さらにどの場合も連続振動が加わって、乗り心地が悪くなります。




◎ サスペンション、ショックアブソーバー、タイヤそれぞれの働き

サスペンションとショックアブソーバーはよく混同されますが、ショックアブソーバーはサスペンションを構成する部品の1つです。
サスペンション・ショックアブソーバー・タイヤそれぞれの働き

サスペンション:

サスペンションは、道路の突起や穴の影響を少なくする為に伸縮できるようになっています。



ショックアブソーバー:

ショックアブソーバーは、サスペンションの正常な動きを保ちながら、その上下運動を抑制する働きをします。
また、スプリングやタイヤから生じる余分なエネルギーを吸収し、車輪の反発力を制限します。


これにより、車室内で感じる不快な振動を防ぎ、また、タイヤの路面グリップのロスを防ぎ、ロードホールディング性を向上させ横揺れを低減します。
 
サスペンション作動原理
車輪が上または下に動くごとに

ピストンにつながっているクロームメッキを施したロッドが、オイルが封入されているシリンダーの中を動きます。シリンダーの中を動く際、適切な大きさに調整された穴を通ってオイルが流れるため、油圧が発生しピストンの動きが減速されます。オイルがAの部分からBの部分へCバルブを通って移動します(これはプジョーが特許を持つシステムです)。


これによって緩衝効果が生み出されます。
 
◎ ショックアブソーバーの劣化

是非覚えておいていただきたいのは、ショックアブソーバーの劣化が進むと車の挙動に変化が起こることです。


ショックアブソーバーが劣化している場合に最も多く現れる症状としては、次のようなものがあります。

注意・急カーブを曲がるときに思い通りに曲がれない。
車両がカーブの外側へ膨らみがちになる。

・大きく曲がったカーブで正確に曲がれない。クルマが大きく横滑りを起こす。

・悪路走行時にステアリングホイールを通じてフロントサスペンションの振動(ジャダー)が伝わってくる。

・路上の突起を乗り越えるときに車内で鈍い「バン」という音が聞こえる

加速すると車輪が跳ね上がり、連続的にスリップが起こる。



ショックアブソーバーの本体にオイル漏れが見られる場合は、直ちに部品交換が必要です。


☆注意
ショックアブソーバーの劣化は、他の部品と比較して非常に気づきにくいものです。車両の衝撃吸収力が徐々に低下していてもドライバーがそれに慣れてしまうことも原因の一つです。いずれの状況に気付いた場合も、当社のサービススタッフにご相談ください。サスペンションがどのような状態なのか的確に診断いたします。
 
◎ ショックアブソーバーの寿命

ショックアブソーバーには寿命があります。これを過ぎると次のような危険性があります。

ブレーキング時
ブレーキング時:

停止距離が正常時の35%以上長くなります。


コーナーリング時
コーナリング時:

正常時の10%以上旋回速度が低下します。


水溜りや降雨時
水溜りや降雨時:

ハイドロプレーニング現象が起こる可能性が正常時の15%以上高くなります。

タイヤ
タイヤ:

寿命が正常時の25%短くなります。
 
ショックアブソーバー.jpg
◎ プジョー純正ショックアブソーバーには2つの優れた特徴があります。

1、マルチバルブシステム
スプリングの堅さとサイズ、通過穴のサイズ(深さ/直径)、バルブシートのサイズなどにプジョー独自の技術が採用されています。



精密な調整:

プジョー純正ショックアブソーバーとその部品は、車両の設計段階で設定された標準減衰力にあわされており、厳密な品質管理体制によってこの基準が守られています。


信頼性:

どんな運転条件(悪路、大きい温度差)のもとでも、マルチバルブシステムは最適な緩衝性能を保障します。


大きいサイズ:

ピストンの直径が36mmと大きく(非純正品はこれよりも小さい)、オイル容量が他の製品よりも大きくなっています。

2、テルオンシール
ショックアブソーバーの性能を次の2つの点により向上させています。


・シリンダー内でのスチール同士の接触を少なくすることにより、ピストンの移動がスムーズになります。
・シール性が高まるため、マルチバルブシステムの動きに無駄がなくなります。


注意:

摩耗したショックアブソーバーを新品に交換しても、そのショックアブソーバーが純正品でなければ元通りの状態にはなりません。せっかく操縦性がよく、安全性が高く、ロードホールディングが良いプジョーを選んだのにそれが損なわれてしまったのでは意味がありません。

ショックアブソーバーは、20,000km走行後つまり最低1,000万回の動きを繰り返した段階で、最大の安全性、快適性、寿命が得られる部品を選ぶ必要があります。
必ずプジョー純正ショックアブソーバーをご指定ください。


* 98モデル以降
 
SHOCK ABSORBERS

覚えておいていただきたいこと

① ショックアブソーバーは生命の安全に関わる部品であり、そのためショックアブソーバーの状態に関する車両の安全基準は非常に厳しくなっています。

② ショックアブソーバーは制動、ロードホールディング、タイヤの摩耗と亀裂、そして乗り心地に直接影響を与えます。

③ ショックアブソーバーの劣化はその判断が極め難しいので、慎重を期してください。

④ ショックアブソーバーの修理・交換はプロにお任せください。プジョーディーラーのサービススタッフはショックアブソーバーに詳しいスペシャリストであり、お客様に適切にアドバイスすることができます。





PCJ提供冊子「PEUGEOT’S ADVICE」を原文のままご紹介いたしました。